コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低層湿原 テイソウシツゲン

2件 の用語解説(低層湿原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていそう‐しつげん【低層湿原】

河川の下流域や地下水位の浅い所などに多くみられる湿原。アシスゲの類が生育する。枯れた植物の分解が進みにくく、泥炭を生じることがある。→高層湿原

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の低層湿原の言及

【湿原】より

…栄養物質に富み酸性度も高くない水に涵養される鉱物質栄養性(富栄養性)湿原fenと,涵養水が雨水に限られ,栄養物質が少なく酸性の水に涵養される降水栄養性(貧栄養性)湿原bogとに大別され,中間のものを中栄養性湿原という。地下水位との関係でできた語で,よく用いられている低層湿原low moor,中間湿原middle moor,高層湿原high moorという呼び方は,それぞれ貧・中・富栄養性湿原の意味で使われている。
[湿原の遷移]
 泥炭湿原のでき方には,湖沼の陸化による場合と,草原や森林の排水不良や湧水での沼沢化による場合とがあり,沼沢湿原,低層湿原,高層湿原へと進行するのが普通である。…

※「低層湿原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone