高崎張子獅子頭(読み)たかさきはりこししがしら

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

高崎張子獅子頭[人形・玩具]
たかさきはりこししがしら

関東地方、群馬県の地域ブランド。
高崎市で製作されている。江戸時代末期から山名八幡神社の春秋大祭で子どもの頭にかぶせ無病息災を願うものとしてつくられてきた。群馬県ふるさと伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android