コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高巌理柏 こうがん りはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高巌理柏 こうがん-りはく

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)宝円寺の桂林祖香に師事し,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼったのち宝円寺にはいり,応永15年(1408)越後(えちご)(新潟県)魚沼郡長福寺の開山となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高巌理柏の関連キーワード室町時代曹洞