コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高敦遠妻 こうの あつとおの つま

1件 の用語解説(高敦遠妻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高敦遠妻 こうの-あつとおの-つま

1087-1132 平安時代後期の女性。
寛治(かんじ)元年生まれ。讃岐守(さぬきのかみ)藤原行家の娘。20歳のころ仏教に帰依(きえ)する。夢でみた一串の青珠の玉数で寿命を知り,無量寿仏の像をつくり,その前で往生したという。天承2年7月1日死去。46歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高敦遠妻の関連キーワード六条殿大弐按察典侍円行(2)信慧宅磨為遠藤原信隆妻美濃局(1)頼増和歌前