コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高暘谷 こう ようこく

美術人名辞典の解説

高暘谷

江戸中期の書家肥前生。姓は高階、名は彜、字は君秉、通称は忠蔵。僧大潮に詩を学び、常に詩壇牛耳を執った。長崎に芙蓉詩社を創立。明和3年(1766)歿、48才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高暘谷 こう-ようこく

1719-1766 江戸時代中期の漢詩人。
享保(きょうほう)4年生まれ。肥前長崎の人。大潮元皓(だいちょう-げんこう)にまなぶ。寛延のころ京都でおしえたのち長崎にかえり,芙蓉詩社をむすんだ。明和3年3月死去。48歳。本姓は高階。名は彝。字(あざな)は君秉。通称は忠蔵。著作に「五経音義補」「楽府変(がふへん)」,詩集に「咏物詩雋(えいぶつしせん)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高暘谷の関連キーワード吉村紫溟高階暘谷享保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android