高木春山(読み)たかぎ しゅんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木春山 たかぎ-しゅんざん

?-1853* 江戸時代後期の本草家。
家は代々江戸で大名の御用達(ごようたし)をつとめる。曾占春(そう-せんしゅん)に本草を,土佐派の小田切真助に画をまなび,島津重豪(しげひで)の援助をえて博物図譜「本草図説」約200巻を制作した。この図譜は刊行されず,孫の高木正年(まさとし)により明治16年はじめて紹介された。嘉永(かえい)5年12月死去。名は以孝。通称は八兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高木春山

没年:嘉永5.12(1852)
生年:生年不詳
江戸後期の博物家。名は以孝。江戸下目黒長峰町に住み,諸侯の御用達が家業だったが,国産振興のために本草学を志して曾槃に学んだという。20年余をかけ,万金を投じて目指したのは,日本の動植物の総合図譜『本草図説』だったが,業なかばで没した。現存するのは未定稿と補遺を含めて195冊だが,十分に研究されてはいない。春山は江戸時代にはまったく無名で,明治16(1883)年の水産博覧会に『本草図説 水産部』ほかが出品されて初めて名が知られた。

(磯野直秀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android