高橋 穣(読み)タカハシ ユタカ

20世紀日本人名事典「高橋 穣」の解説

高橋 穣
タカハシ ユタカ

大正・昭和期の心理学者,倫理学



生年
明治18(1885)年5月4日

没年
昭和43(1968)年5月6日

出生地
香川県

学歴〔年〕
東京帝国大学文科大学〔明治42年〕

学位〔年〕
文学博士

経歴
岩波書店の「哲学叢書」「哲学辞典」刊行に参加し、大正6年「心理学」を刊行。9年以降東京女子大、法政大、一高で心理学と倫理学を担当。14年から「思想」の編集を手伝う。昭和5年東北帝大教授となり、倫理学を担当する。退官後、成城学園長を経て、27年学習院大教授に就任著書に「心理学 道徳 教育」「二つの真理」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android