コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋兼吉 たかはし かねきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋兼吉 たかはし-かねきち

1845-1894 幕末-明治時代の大工。
弘化(こうか)2年生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)の普請係をつとめる。維新後,山形県令三島通庸(みちつね)にみとめられ,西田川郡役所,鶴岡警察署など洋風建築を手がけた。また善宝寺五重塔,荘内神社など寺社建築ものこした。明治27年7月5日死去。50歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高橋兼吉

没年:明治27.7.5(1894)
生年弘化2(1845)
明治期の鶴岡(山形県)の堂宮大工代表作に下川の善宝寺五重塔(1893)があるが,一方,西田川郡役所(1881),鶴岡警察署(1884)など,三島通庸県令下の洋風建築を手がけ,新時代らしい意欲を示した。

(越野武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

高橋兼吉の関連キーワード明治時代没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android