コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋庄左衛門 たかはし しょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋庄左衛門 たかはし-しょうざえもん

1842-1860 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年生まれ。高橋多一郎の長男。常陸(ひたち)水戸藩士。大老井伊直弼(なおすけ)襲撃,大坂挙兵を計画した父にしたがって大坂にいたが,幕吏に発見され,万延元年3月23日四天王寺で父とともに自殺した。19歳。名は諸徳。字(あざな)は士翼。通称ははじめ廉之介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋庄左衛門の関連キーワードオブレノビチ家ホーソンゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)コルベ(Adolf Wilhelm Hermann Kolbe)万延第二帝政ラトビアアーサー

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android