コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋掬太郎 たかはし きくたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋掬太郎 たかはし-きくたろう

1901-1970 昭和時代の作詞家。
明治34年4月6日生まれ。函館日日新聞在職中に作詞した「酒は涙か溜息か」がヒット。昭和9年コロムビアレコード専属となり,「並木の雨」などで流行作詞家となった。戦後はキングレコードにうつり,「啼(な)くな小鳩よ」「ここに幸あり」などを作詞。昭和45年4月9日死去。69歳。岩手県出身。著作に「流行歌三代物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋掬太郎の関連キーワード飯田 三郎雨に咲く花昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android