高橋順子(読み)たかはし じゅんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋順子 たかはし-じゅんこ

1944- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和19年8月28日生まれ。出版社勤務をへて自費出版社「書肆(しょし)とい」を主宰。「歴程」同人。昭和62年詩集「花まいらせず」で現代詩女流賞,平成2年「幸福な葉っぱ」で現代詩花椿賞。5年小説家車谷長吉(くるまたに-ちょうきつ)と結婚するが,夫が強迫神経症になる。その実生活を虚構化し,平明な言葉でかいた詩集「時の雨」で9年読売文学賞。「海へ」で26年藤村記念歴程賞,27年三好達治賞。千葉県出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋順子の関連情報