コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高比重リポタンパク こうひじゅうリポタンパクhigh density lipoprotein; HDL

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高比重リポタンパク
こうひじゅうリポタンパク
high density lipoprotein; HDL

主として肝臓で合成され,約 20%のコレステロールと5%以下のトリグリセリドを含有している。 HDL低比重リポタンパク LDLより小さい。 HDLは動脈硬化の予防因子といわれ,LDLに対して善玉のコレステロールといわれている。この HDL中のコレステロールを増やす因子としては,アルコール,運動,食事中の不飽和脂肪酸などがあり,逆に低下させる因子として,肥満,喫煙,高糖質食などがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高比重リポタンパクの関連キーワードHDL コレステロール高密度リポタンパク質メタボリック症候群動脈硬化用剤脂質異常症高脂血症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android