コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高比重リポタンパク こうひじゅうリポタンパクhigh density lipoprotein; HDL

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高比重リポタンパク
こうひじゅうリポタンパク
high density lipoprotein; HDL

主として肝臓で合成され,約 20%のコレステロールと5%以下のトリグリセリドを含有している。 HDL低比重リポタンパク LDLより小さい。 HDLは動脈硬化の予防因子といわれ,LDLに対して善玉のコレステロールといわれている。この HDL中のコレステロールを増やす因子としては,アルコール,運動,食事中の不飽和脂肪酸などがあり,逆に低下させる因子として,肥満,喫煙,高糖質食などがあげられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone