善玉(読み)ゼンダマ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐だま【善玉】

善人のこと。江戸時代、草双紙などの挿し絵で、円の中に「善」の字を書いて顔とし、善人を表したのに基づく。⇔悪玉
芝居や映画で善人の役。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんだま【善玉】

〔江戸時代の草双紙で、心学の考えに基づいて人物の顔を丸く描き、その中に善人には「善」、悪人には「悪」とだけ書いてその類型を示したことから〕
善人。 ⇔ 悪玉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐だま【善玉】

〘名〙
① (「玉」はもと江戸の遊里で、女の意。転じて、広く人にもいう) 善人。性質のよい人。また、比喩的によい作用をするものについてもいう。
※洒落本・青楼五雁金(1788)三「なんぼ庄さんがぜんだまになったとって」
② (「玉」に「魂」をかけて) 江戸時代、草双紙などのさし絵で、善人または悪人であることを明示するため、人の顔を丸く書いて、その中に善または悪の字を記したが、その善の字のあるもの。また、○の中に「善」の字を書き、人間を善くする精神や霊魂を表わす印ともする。山東京伝の黄表紙「心学早染艸」(一七九〇)によって流行。
※人情本・軒並娘八丈(1824)二「仁義礼智は天の恵む善玉(ゼンダマ)、酒色財は人の貪る悪玉にして」
③ 美しい芸妓を俗にいう語。また、一般に美しい人。〔最新百科社会語辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善玉の関連情報