善玉(読み)ゼンダマ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「玉」はもと江戸の遊里で、女の意。転じて、広く人にもいう) 善人。性質のよい人。また、比喩的によい作用をするものについてもいう。
※洒落本・青楼五雁金(1788)三「なんぼ庄さんがぜんだまになったとって」
② (「玉」に「魂」をかけて) 江戸時代、草双紙などのさし絵で、善人または悪人であることを明示するため、人の顔を丸く書いて、その中に善または悪の字を記したが、その善の字のあるもの。また、○の中に「善」の字を書き、人間を善くする精神や霊魂を表わす印ともする。山東京伝の黄表紙「心学早染艸」(一七九〇)によって流行。
※人情本・軒並娘八丈(1824)二「仁義礼智は天の恵む善玉(ゼンダマ)、酒色財は人の貪る悪玉にして」
③ 美しい芸妓を俗にいう語。また、一般に美しい人。〔最新百科社会語辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

善人のこと。

[使用例] お医者の界観は、原始二元論ともいうべきもので、世の中の有様をすべて善玉悪玉の合戦と見て、なかなか歯切れがよかった[太宰治満願|1938]

[由来] 江戸時代の一七九〇年に出版された、山東京伝の『しんがくはやそめぐさ』という草双紙の挿し絵で、人間のよい心を表すため、顔の部分が「善」の字を書いた玉になっている人間の形を描いたところから。

[解説] この本では、人間の悪い心は、顔の部分が「悪」の字を書いた玉になっている人の形で描かれており、そこから「あくだま」ということばも生まれています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善玉の関連情報