コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高津鍬三郎 たかつ くわさぶろう

1件 の用語解説(高津鍬三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高津鍬三郎 たかつ-くわさぶろう

1864-1921 明治-大正時代の教育者,国文学者。
元治(げんじ)元年10月生まれ。明治23年一高教授,27年より帝国大学文科大学助教授を兼任。のち文部省図書審査官,大成中学校長などを歴任した。大正10年11月23日死去。58歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。帝国大学卒。著作に「日本文学史」(三上参次との共著),「日本中文典」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の高津鍬三郎の言及

【日本文学】より

…【加藤 周一】
【研究史――近代以降】
 明治初期の日本文学研究は,近世国学の継承・踏襲にとどまるものであった(近世までの研究については〈国学〉〈歌論〉などの項を参照)。1890年,北村透谷により,〈文学史の第一着は出たり〉と評された関根正直《小説史稿》,および三上参次・高津鍬三郎《日本文学史》という新動向をみるものの,〈国学〉が近代科学として再編成されるのは,明治30年代の芳賀(はが)矢一においてである。芳賀は1899年《国文学史十講》で以後の文学史叙述の一範型を示し,翌年からのドイツ留学の成果を〈日本文献学〉の名で体系化した。…

※「高津鍬三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高津鍬三郎の関連キーワード天野藤男伊津野満仁太今井岩五郎大津康中島半次郎中村ユス間野遺秉水島銕也三角錫子米田穣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone