コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上参次 みかみ さんじ

6件 の用語解説(三上参次の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三上参次

歴史学者・文学博士。幸田貞介の次男、三上勝明の養子。初名は三次。東大卒。史料編纂掛主任・東大文学部長などを歴任。兵庫県生。昭和14年(1939)歿、75才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みかみ‐さんじ【三上参次】

[1865~1939]歴史学者。兵庫の生まれ。東大教授、史料編纂掛主任として「大日本史料」「大日本古文書」の刊行に従事。「明治天皇御紀」の編修を主宰。著「江戸時代史」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上参次 みかみ-さんじ

1865-1939 明治-昭和時代前期の日本史学者。
慶応元年9月28日生まれ。明治32年東京帝大教授,38年史料編纂掛(へんさんがかり)主任。のち「明治天皇御紀」の編修長,史学会理事長などをつとめた。貴族院議員。主著に没後刊行の「江戸時代史」。昭和14年6月7日死去。75歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。帝国大学卒。旧姓は幸田。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みかみさんじ【三上参次】

1865~1939) 歴史学者。兵庫県の生まれ。東大教授。史料編纂事業に尽力。「明治天皇御紀」を編纂。著「江戸時代史」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三上参次
みかみさんじ

[生]慶応1(1865).9.20. 姫路
[没]1939.6.7. 東京
史学者。東京大学卒業。 1899年東京大学教授,史料編纂官を兼任。 1926年臨時帝室編修官長となり,『明治天皇御紀』を完成。 32年貴族院議員。『大日本史料』『大日本古文書』の編纂や『白河楽翁公と徳川時代』 (1891) ,『江戸時代史』 (1944) などの著書があり,官学派史学の大御所的存在であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三上参次
みかみさんじ
(1865―1939)

明治~昭和前期の歴史学者。慶応(けいおう)元年9月28日、播磨(はりま)国に幸田貞助の三男に生まれ、のち姫路藩士三上勝明の養子となる。1889年(明治22)帝国大学文科大学和文学科を卒業、大学院で国史を研究、90年に編年史編纂掛(へんさんがかり)編纂助手を嘱託され、『白河楽翁公と徳川時代』を刊行、また『社寺領性質の研究』(共著)をまとめる。史料編纂事業に尽力するとともに、92年に文科大学助教授、99年に教授・文学博士となる。『大日本史料』の刊行に努力し、1926年(大正15)定年退官。『明治天皇御紀』の編修を主宰し、32年に貴族院議員となる。昭和14年6月7日死去。遺著に『江戸時代史』上下(1943、44)がある。[松島榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三上参次の言及

【日本文学】より

…【加藤 周一】
【研究史――近代以降】
 明治初期の日本文学研究は,近世国学の継承・踏襲にとどまるものであった(近世までの研究については〈国学〉〈歌論〉などの項を参照)。1890年,北村透谷により,〈文学史の第一着は出たり〉と評された関根正直《小説史稿》,および三上参次・高津鍬三郎《日本文学史》という新動向をみるものの,〈国学〉が近代科学として再編成されるのは,明治30年代の芳賀(はが)矢一においてである。芳賀は1899年《国文学史十講》で以後の文学史叙述の一範型を示し,翌年からのドイツ留学の成果を〈日本文献学〉の名で体系化した。…

※「三上参次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三上参次の関連情報