コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上参次 みかみ さんじ

6件 の用語解説(三上参次の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三上参次

歴史学者・文学博士。幸田貞介の次男、三上勝明の養子。初名は三次。東大卒。史料編纂掛主任・東大文学部長などを歴任。兵庫県生。昭和14年(1939)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みかみ‐さんじ【三上参次】

[1865~1939]歴史学者。兵庫の生まれ。東大教授、史料編纂掛主任として「大日本史料」「大日本古文書」の刊行に従事。「明治天皇御紀」の編修を主宰。著「江戸時代史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上参次 みかみ-さんじ

1865-1939 明治-昭和時代前期の日本史学者。
慶応元年9月28日生まれ。明治32年東京帝大教授,38年史料編纂掛(へんさんがかり)主任。のち「明治天皇御紀」の編修長,史学会理事長などをつとめた。貴族院議員。主著に没後刊行の「江戸時代史」。昭和14年6月7日死去。75歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。帝国大学卒。旧姓は幸田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

みかみさんじ【三上参次】

1865~1939) 歴史学者。兵庫県の生まれ。東大教授。史料編纂事業に尽力。「明治天皇御紀」を編纂。著「江戸時代史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三上参次
みかみさんじ

[生]慶応1(1865).9.20. 姫路
[没]1939.6.7. 東京
史学者。東京大学卒業。 1899年東京大学教授,史料編纂官を兼任。 1926年臨時帝室編修官長となり,『明治天皇御紀』を完成。 32年貴族院議員。『大日本史料』『大日本古文書』の編纂や『白河楽翁公と徳川時代』 (1891) ,『江戸時代史』 (1944) などの著書があり,官学派史学の大御所的存在であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三上参次
みかみさんじ
(1865―1939)

明治~昭和前期の歴史学者。慶応(けいおう)元年9月28日、播磨(はりま)国に幸田貞助の三男に生まれ、のち姫路藩士三上勝明の養子となる。1889年(明治22)帝国大学文科大学和文学科を卒業、大学院で国史を研究、90年に編年史編纂掛(へんさんがかり)編纂助手を嘱託され、『白河楽翁公と徳川時代』を刊行、また『社寺領性質の研究』(共著)をまとめる。史料編纂事業に尽力するとともに、92年に文科大学助教授、99年に教授・文学博士となる。『大日本史料』の刊行に努力し、1926年(大正15)定年退官。『明治天皇御紀』の編修を主宰し、32年に貴族院議員となる。昭和14年6月7日死去。遺著に『江戸時代史』上下(1943、44)がある。[松島榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三上参次の言及

【日本文学】より

…【加藤 周一】
【研究史――近代以降】
 明治初期の日本文学研究は,近世国学の継承・踏襲にとどまるものであった(近世までの研究については〈国学〉〈歌論〉などの項を参照)。1890年,北村透谷により,〈文学史の第一着は出たり〉と評された関根正直《小説史稿》,および三上参次・高津鍬三郎《日本文学史》という新動向をみるものの,〈国学〉が近代科学として再編成されるのは,明治30年代の芳賀(はが)矢一においてである。芳賀は1899年《国文学史十講》で以後の文学史叙述の一範型を示し,翌年からのドイツ留学の成果を〈日本文献学〉の名で体系化した。…

※「三上参次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三上参次の関連キーワード林其山服部李曠賀陽宮好子妃殿下姫・媛龍馬1865新庄直〓(「爻」に“頁(おおがい)”)達如広井一渡辺松窩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone