コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田慎蔵 たかだ しんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田慎蔵 たかだ-しんぞう

1852-1921 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)5年2月2日生まれ。明治3年から東京でアーレンス商会,ついでベア商会につとめる。13年独立し,ヨーロッパ視察後の21年高田商会を設立し,機械輸入販売に従事した。大正10年12月26日死去。70歳。佐渡(新潟県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高田慎蔵

没年:大正10.12.26(1921)
生年:嘉永5.2.2(1852.2.21)
明治大正期の機械貿易商。佐渡相川に生まれる。慶応1(1865)年佐渡奉行所に出仕,明治3(1870)年上京,ドイツ商館アーレンス商会,ベア商会に勤務したのち13年に高田商会を開業。32年にはアメリカ電気機械メーカー,ウエスチングハウス社の代理店になるなど,日清・日露戦争をへて同商会は有力機械輸入商社に成長し,41年合資会社(資本金100万円)に改組。慎蔵引退後は養子釜吉(「天下の糸平田中平八の3男)が経営を主宰したが,大正14(1925)年に同商会は経営破綻を迎えた。<参考文献>実業之世界社編『財界物故傑物伝』下

(沢井実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

高田慎蔵の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))帰山教正日本の医学史(年表)ノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)ヴェナイトドキュメンタリー映画エベレスト山ギーラーン共和国

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone