高級アルコール系洗剤(読み)こうきゅうあるこーるけいせんざい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高級アルコール系洗剤
こうきゅうあるこーるけいせんざい

硫酸アルキルナトリウム(AS)または硫酸アルキルポリオキシエチレンナトリウム(AES)を主成分とする合成洗剤をさす。炭素数6以上の高級アルコールを原料に用いるのでこの名がある。比較的早く開発され、日本では1935年(昭和10)に工業的に製造された。当時は天然油脂から製造された高級アルコールを使用したが、現在では石油から合成されたものも使用されている。羊毛、絹、おしゃれ着の衣料を手洗いするための中性洗剤である。ASは、炭素数12~18の高級アルコールを硫酸などで硫酸化し、アルカリで中和して得られる陰イオン活性剤で、生分解性、洗浄力、起泡力がよく、洗浄後の衣料の風合いがよい。AESは、高級アルコールに酸化エチレンを数モル付加したのち、硫酸化、アルカリ中和して得られる。生分解性、溶解性、耐硬水性に優れ、皮膚に対してマイルドなので台所用洗剤などにも用いられる。[篠塚則子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネージメントの方法論の1つ。目標管理とも呼ばれている。目標によって管理する対象は事業や仕事の内容、あるいは部下の活動であって、目標を管理することとは意を異にする。事業や部署の内容に応じた最適な目標を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android