コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野喜久雄 たかの きくお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高野喜久雄 たかの-きくお

1927-2006 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和2年11月20日生まれ。高校でおしえながら詩作し,北園克衛の「VOU(バウ)」に参加。ハイデッガーに傾倒し,昭和28年鮎川信夫らの「荒地」に参加。詩集「独楽(こま)」「存在」「闇を闇として」「高野喜久雄詩集」「出会うため」などのほか,合唱曲「水のいのち」などの作詞もある。平成18年5月1日死去。78歳。新潟県出身。宇都宮農専(現宇都宮大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高野喜久雄の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android