コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北園克衛 きたぞのかつえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北園克衛
きたぞのかつえ

[生]1902.10.29. 三重,四郷
[没]1978.6.6. 東京
詩人。本名,橋本健吉。中央大学経済学部卒業。シュルレアリスムの運動を起し (1927) ,前衛的感覚による表現形態に画期的な詩風を展開した。代表詩集『白のアルバム』 (29) ,『火の菫 (すみれ) 』 (39) ,『真昼のレモン』 (54) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北園克衛 きたその-かつえ

1902-1978 昭和時代の詩人。
明治35年10月29日生まれ。彫刻家橋本平八の弟。西脇順三郎,滝口修造らとシュールレアリスム運動をおこし,昭和10年詩誌「VOU(バウ)」を創刊。戦後も一貫してモダニズムの詩人として活躍した。昭和53年6月6日死去。75歳。三重県出身。中央大卒。本名は橋本健吉。詩集に「白のアルバム」「火の菫(すみれ)」「真昼のレモン」など。
格言など】秋はひとつのガラスである(「BLUE」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きたぞのかつえ【北園克衛】

1902~1978) 詩人。三重県生まれ。本名、橋本健吉。中央大卒。シュールレアリスム運動を推進し、言語の意味性を排した実験的表現を試みる。詩集「白のアルバム」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の北園克衛の言及

【コンクリート・ポエトリー】より

…それは視覚的,聴覚的,キネティックの3分野に大別され,東西ヨーロッパや南北アメリカにひろがった。M.ベンゼ(ドイツ),E.ウィリアムズ(アメリカ),イジ・コラージ(チェコ)などが代表的詩人で,日本でも北園克衛らの《Vou(バウ)》誌(1935創刊)が知られる。【針生 一郎】。…

※「北園克衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北園克衛の関連キーワード北園克衛(きたぞのかつえ)北園克衛(きたそのかつえ)10月29日左川 ちか高野喜久雄酒井 正平白石かずこ岩佐東一郎北園 克衛奥村 淑子山本悍右北川冬彦左川ちか長島三芳木原孝一橋本平八長田恒雄上田敏雄藤富保男詩と詩論

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北園克衛の関連情報