高野巻(読み)こうやのまき

精選版 日本国語大辞典「高野巻」の解説

こうやのまき カウヤのまき【高野巻】

謡曲。四番目物。廃曲。作者不詳。観阿彌作の「高野」の謡物をもととして、天正六~文祿三年(一五七八‐九四)より以前に、後人の手によって完成された。平維盛が八島の合戦の後、出家して高野にのぼり滝口入道に会って弘法大師入定のいわれを聞き、ともに通夜をする。高野。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android