コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平維盛 たいらのこれもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平維盛
たいらのこれもり

平安時代末期の武将。重盛の嫡子。小松中将と称される。平家一門の嫡流として出世。治承4 (1180) 年源頼朝挙兵の際,追討大将軍として東国に発向富士川の戦いでは,夜,水鳥羽音に驚いて戦わずに逃げ帰った。翌年3月尾張墨俣の戦いで源氏を撃破,その功により右近衛権中将,従三位となった。寿永1 (82) 年木曾義仲追討のため北国へ発向。倶利伽羅 (くりから) 峠の戦いで大敗 (→礪波山〈となみやま〉の戦い ) 。義仲が上京し平家一門が西国に没落したとき,一時は都落ちしたらしいが,その後の消息は不明。物語類では,屋島で平家の陣を抜け出し (→屋島の戦い ) ,高野山出家,熊野灘へ舟を出して入水して果てたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

平維盛【たいらのこれもり】

平安末期の武将。重盛の子。1180年源頼朝の挙兵に際し,追討大将軍となるが富士川の戦で敗走。尾張(おわり)に源行家を討ったが,礪波(となみ)山の戦では源義仲に敗れ,のち平家一族とともに西走。
→関連項目倶利伽羅峠の戦手越宿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平維盛 たいらの-これもり

1158?-1184? 平安時代後期の武将。
保元(ほうげん)3年?生まれ。平重盛の長男。治承(じしょう)4年源氏追討の総大将となったが,富士川で水鳥の羽音におどろいて敗走する。寿永2年源義仲軍に敗れ都落ちした。3年2月屋島より脱出し高野山で出家したが,同年3月28日那智で入水したといわれる。27歳?通称は桜梅少将,小松中将。法名は浄円。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平維盛

没年:元暦1.3.28?(1184.5.10)
生年:保元2?(1157)
平安末期の武将。平重盛の長男。清盛の嫡孫。小松中将と称す。右中将・蔵人頭を歴任。舞の優美さで世人の称賛を得る。治承4(1180)年,源頼朝追討の総大将として臨んだ富士川合戦で,水鳥の羽音に驚き敗走。寿永2(1183)年礪波山の戦では源義仲に敗れ,平家都落ちの因を作る。文治1(1185)年屋島の陣を脱し,高野山で出家。滝口入道立ち会いのもとに那智で入水と『平家物語』は伝えるが,『源平盛衰記』は,頼朝を頼り東下,相模で没したと記す。平氏一族における立場は終始微妙で,晩年の行動は謎が多い。<参考文献>上横手雅敬『平家物語の虚構と真実』上

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのこれもり【平維盛】

1157‐84?(保元2‐元暦1?)
平安末期の武将。通称桜梅少将,小松中将。重盛の長男。平氏の嫡流として幼少より重んじられる。1180年(治承4)源頼朝追討の総大将となったが富士川の戦で敗走。翌年尾張墨俣川の戦で源行家を破り,その功により右中将・蔵人頭・従三位に進む。83年(寿永2)越中砺波(となみ)山の戦で源義仲に大敗し,妻子を京都に残して平家一門と西海に走ったが,のち紀伊にのがれ那智で入水したという。【田中 文英】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいらのこれもり【平維盛】

1158~1184?) 平安末期の武将。重盛の長子。小松中将・桜梅少将とも。源頼朝と富士川で対陣し、水鳥の羽音に驚いて敗走。また、義仲追討に赴いたが、俱利伽羅くりから峠で大敗した。のち滝口入道のもとで出家。那智で入水した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平維盛
たいらのこれもり
(1158―84?)

平安末期の武将。平重盛(しげもり)の長男。平氏の嫡流のため幼少より重んぜられ、右近衛権少将(うこのえごんのしょうしょう)、中宮権亮(ちゅうぐうごんのすけ)、春宮(とうぐう)権亮などを歴任した。容姿秀麗で、後白河(ごしらかわ)法皇の50歳の賀に際し、桜花をかざして青海波(せいがいは)を舞い称賛され、桜梅(おうばい)少将ともよばれた。源平争乱が起こると、1180年(治承4)源頼朝(よりとも)追討の総大将として富士川に対陣したが、水鳥の羽音に驚いて敗走し、清盛の怒りを買った。翌年の尾張(おわり)墨俣(すのまた)川の戦いでは源行家(ゆきいえ)の軍を破り、その功によって、右中将(うちゅうじょう)、蔵人頭(くろうどのとう)、従三位(じゅさんみ)に昇進し、世に小松三位中将とよばれた。ついで83年(寿永2)5月に源(木曽(きそ))義仲(よしなか)追討のため北陸に向かったが、越中(えっちゅう)(富山県)の礪波山(となみやま)において義仲の奇襲を受けて大敗し、平家一門と都落ちして西海に走った。しかし、『平家物語』によると、世の無常を感じて讃岐(さぬき)(香川県)の屋島(やしま)から脱出して高野山(こうやさん)に入り、剃髪(ていはつ)して浄円(じょうえん)と号し、84年(元暦1)3月、那智(なち)の海に入水(じゅすい)したという。ただし、その最期については伝承、異説が多い。[田中文英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の平維盛の言及

【熊野参詣】より

…フシ物。平維盛(これもり)は,屋島の戦陣を離脱して紀州に渡り,高野山で髪をおろした後,熊野三山参詣に赴いた。最初に参った本宮は,本地(ほんじ)が阿弥陀如来だというので,来世の往生を願い,また都に残した妻子の平穏を祈った。…

【俱利伽羅峠の戦】より

…〈砺波山(となみやま)の戦〉ともいう。1183年(寿永2)5月,越中・加賀国境の砺波山俱利伽羅峠で,木曾義仲が平維盛の軍を破った戦闘。80年(治承4)9月信濃に挙兵した義仲は,信濃,越後を制圧,81年中には越前以東の北陸道の武士を多く指揮下に置いた。…

【補陀落渡海】より

…しかし伝承では,水葬の棺を沈めたのは那智沖の山成島の岩礁であったという。この山成島はまた,《平家物語》の〈維盛入水の事〉では,中将平維盛が念仏とともに飛び込んで入水往生したところで,供の与三兵衛重景と石童丸も同行として入水した。そうすると中世の補陀落渡海には入水往生が多く,土中入定,焼身往生などとともに捨身往生の一形態であったことがわかる。…

【横笛】より

…フシ物。平維盛(これもり)は,都の妻子が気がかりでひそかに屋島の戦線を離れ,高野山に滝口入道(滝口・横笛)を訪ねた。この僧はもと館に仕えた武士で,若いころ横笛という女と恋をした。…

※「平維盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平維盛の関連キーワード倶利迦羅落とし・俱利迦羅落とし・倶利迦羅落し・俱利迦羅落し砺波山の戦い・礪波山の戦い藤原忠清(1)礪波山の戦い倶利迦羅落しいがみの権太倶利伽羅峠滝口・横笛上横手雅敬義経千本桜斎藤宗貞斎藤時頼千葉常胤平家伝説武田信義熊野参詣俣野景久浮島ヶ原斎藤実盛安田義定

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平維盛の関連情報