コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高間行秀 たかま ゆきひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高間行秀 たかま-ゆきひで

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
護良(もりよし)親王の令旨(りょうじ)をうけて弟快全と挙兵。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)吉野や山城(京都府)綴喜(つづき)郡などで幕府六波羅(ろくはら)軍とたたかう。のち南都攻撃のため山城・大和を転戦した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高間行秀の関連キーワード南北朝時代高間快全