コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階光子 たかしなの みつこ

2件 の用語解説(高階光子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階光子 たかしなの-みつこ

?-? 平安時代中期の女官。
高階成忠の娘。高階貴子(きし)の妹。佐伯公行(きんゆき)の妻。貴子の娘で中宮(ちゅうぐう)の藤原定子(ていし)の宣旨をつとめる。寛弘(かんこう)6年(1009)藤原道長,中宮藤原彰子(上東門院),敦成(あつひら)親王に対する呪詛(じゅそ)事件にかかわって捕らえられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高階光子

生年:生没年不詳
平安中期の女官。敦成親王呪詛事件の首謀者。一条天皇の皇后・中宮藤原定子の宣旨,従五位下。定子の子敦康親王の乳母とも。高二位成忠の娘。姉は藤原道隆の妻で定子の母高内侍,夫は富裕な信濃守佐伯公行。寛弘6(1009)年2月,定子のライバルであった藤原道長と一条天皇中宮彰子,その息子敦成親王を呪詛するために,源方理やその妻たちと厭符の製作を僧円能らに依頼したことが発覚。2月20日に官位剥奪のうえ逮捕され,定子の兄伊周は朝参を停止された。高階家の学才と信仰と呪術を受け継いだ彼女の行為が,一家や主人家の凋落を招く結果となった。<参考文献>藤本一恵「高階成忠女考」(『女子大国文』1963年10月号),「高階光子の悲劇」(『角田文衛著作集』6巻)

(服藤早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高階光子の関連キーワード扶桑集命婦薬の女官張本人姉子女王王氏(2)滋野奥子菅原芳子藤原豊子美濃局(1)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone