コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階貴子 たかしなの たかこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階貴子 たかしなの-たかこ

たかしなの-きし

高階貴子 たかしなの-きし

?-996 平安時代中期の歌人。
高階成忠の娘。円融天皇につかえて,高内侍(こうのないし)と称され,従三位にのぼる。関白藤原道隆と結婚し,伊周(これちか),隆家,定子(ていし)らを生んだ。伊周の通称から,儀同三司(ぎどうさんしの)母とよばれた。歌は「拾遺和歌集」「新古今和歌集」などに6首みえる。長徳2年10月死去。名は「たかこ」ともよむ。
【格言など】忘れじの行末まではかたければ今日を限りの命ともがな(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高階貴子

没年:長徳2.10(996)
生年:生年不詳
平安時代の歌人。高階成忠の娘。高内侍,また藤原伊周の母であることで儀同三司母ともいう。円融天皇の禁中に女房として出仕していたが,漢字漢学の教養が評価され,内侍となる。中関白藤原道隆室となり,一条天皇の皇后定子や内大臣伊周,中納言隆家を生んだことから,父成忠も従二位まで進み,高階氏の繁栄の礎ともなった。和歌は『拾遺集』以下に6首が現存するだけであるが,学才の深い父の影響で,漢詩文に長けていたことが『大鏡』や『栄華物語』にみられる。定子をはじめ中関白家の子女たちも,その影響で若年から漢才の世評が高かった。伊周,隆家の配流中に死去した。

(松田豊子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかしなのきし【高階貴子】

平安中期の宮廷に活躍した女性。生没年不詳。従二位高階成忠の女。学者の家に生まれ,円融天皇の後宮に仕えて,〈女なれども真名などいとよく書きければ,内侍になさせ給ひて,高内侍(こうのないし)とぞいひける〉(《栄華物語》)とその才識をうたわれ,のちには従三位に昇った。一方,関白藤原道隆に嫁して,内大臣伊周,中納言隆家および一条天皇の皇后定子の母となり,高階氏の繁栄に道を開いた。《枕草子》にしばしば見える皇后定子の才智も,この母に負うところが多いであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

高階貴子の関連キーワード藤原定子(1)藤原定子高階光子藤原原子藤原隆家登華殿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android