コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高霊加羅 こうれいからKoryŏng‐Kara

世界大百科事典 第2版の解説

こうれいから【高霊加羅 Koryŏng‐Kara】

朝鮮古代の加羅諸国中の有力国。別名は大伽耶,加羅。現在の慶尚北道高霊郡を中心とし,王都は高霊邑,王都防衛の山城は西方の主山と東方の望山とにあり,池山洞を中心に高霊古墳群がある。前身には《三国志》弁辰伝の狗邪(くや)国説と弥烏邪馬国説とがある。伝承によれば,伽倻山山神である正見母主の2人の息子がこの国と金海加羅とを開いた。その建国は43年で,16代520年間つづき,562年に新羅に併合されたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

高霊加羅の関連キーワード任那(みまな)真興王拓境碑真興王

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android