コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伽倻山 カヤサン

デジタル大辞泉の解説

かや‐さん【伽倻山】

韓国中南部にある山。標高1430メートル。国立公園。南麓海印寺がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かやさん【伽倻山 Kaya‐san】

朝鮮半島南部の小白山脈中の山。標高1430m。牛頭山の別名をもち,古代伽倻国の建国神話の舞台となっている。山頂には神話に現れる牛鼻井のほかに天然氷窟,磨崖仏などがみられる。南麓には802年建立になる名刹海印寺があり,モンゴルの侵略から護国を祈願して奉じた木版の高麗大蔵経で有名である。国立公園に指定されている。【谷浦 孝雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カヤサン【伽倻山】

韓国南部、大邱テグの北西68キロメートルにある山。海抜1430メートル。山中に海印寺がある。かやさん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かやさん / カヤサン

韓国(大韓民国)、慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)陝川(せんせん)郡と慶尚北道(けいしょうほくどう/キョンサンプクド)星州郡にまたがる名山。標高1430メートル。樹木が茂り、山体が秀麗で怪峰奇岩が連なる。また清流が織り成す黄渓(こうけい)の滝、紅流洞渓谷、竜門の滝などの絶景が多く、国立公園に指定されている。南麓(なんろく)には有名な海印寺(かいいんじ)があり、一年中観光客、参拝客が絶えない。海印寺には高麗(こうらい)時代に版刻された八万大蔵経が保管されている。付近にはツバキが群生しており、海印寺渓谷では伝統的な韓紙(かんし)がつくられている。[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伽倻山の関連キーワードキョンサンプク(慶尚北)道ソベク(小白)山脈カヤ(伽倻)山高霊加羅崔致遠居昌かや

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android