鬱金染(読み)うこんぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鬱金染
うこんぞめ

ウコン (鬱金) 根茎を粉末としたもの (鬱金粉) を用いる染色。わずかに赤みを帯びた黄色。紅の下染にも用いる。焼物の包み布などに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うこん‐ぞめ【鬱金染】

〘名〙 鬱金色に染めること。また、そのもの。
※布衣記(1295頃か)「舎人の事。立烏帽子に右近ぞめの走水干、上下同なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android