コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下染(め) シタゾメ

デジタル大辞泉の解説

した‐ぞめ【下染(め)】

[名](スル)
本染めの前の準備として染めること。混用できない二種以上の染料で染めるとき、その一種でまず染めるなど。下掻き。
物事を思いどおりに運ぶためにあらかじめしておく準備。
「酔うた振りするは口説の―」〈浮・新色五巻書・二〉
生地。下地。素性。
「旦那の―はの、重井筒屋といふ南の茶屋の弟で」〈浄・重井筒

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

下染(め)の関連キーワード緋縅・緋威・火縅・氷魚縅下掻き・下搔き上掛け・上掛思ひの色紫根染め岩田みつ耳成山祝祭日赤白橡下掻き鬱金染仙斎茶襯染鬱金染色萌黄上絵平絹口説竜神

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android