コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼坊主清吉 おにぼうず せいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼坊主清吉 おにぼうず-せいきち

1776-1805 江戸時代中期-後期の盗賊。
安永5年生まれ。通行人につきあたって金品をうばう荒稼ぎで,その名を江戸中に知られる。捕吏の手をのがれて各地に出没したが,京都で捕らえられ,文化2年6月26日江戸小塚原で処刑された。30歳。「武蔵野に名もはびこりし鬼薊(おにあざみ)時のあつさにかくも萎(しを)るる」の辞世をのこす。のち浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎狂言にとりあげられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鬼坊主清吉の関連キーワード小袖曾我薊色縫小袖曽我薊色縫十六夜・清心

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android