鬼坊主清吉(読み)おにぼうず せいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼坊主清吉 おにぼうず-せいきち

1776-1805 江戸時代中期-後期の盗賊。
安永5年生まれ。通行人につきあたって金品をうばう荒稼ぎで,その名を江戸中に知られる。捕吏の手をのがれて各地に出没したが,京都で捕らえられ,文化2年6月26日江戸小塚原で処刑された。30歳。「武蔵野に名もはびこりし鬼薊(おにあざみ)時のあつさにかくも萎(しを)るる」の辞世をのこす。のち浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎狂言にとりあげられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android