コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼首菜(おにこうべな)

デジタル大辞泉プラスの解説

鬼首菜(おにこうべな)

宮城県大崎市で生産される葉物野菜。漬け菜の一種で、根・茎・葉のすべてが利用可能。大正時代に山形県最上地方から持ち込まれたと伝えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鬼首菜[葉茎菜類]
おにこうべな

東北地方、宮城県の地域ブランド。
主に大崎市鳴子町鬼首地区でつくられている伝統野菜。自家消費用としての栽培が殆どで、市場に流通しない。辛味があるため、主として漬物として消費される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

鬼首菜(おにこうべな)の関連キーワード宮城県大崎市東北地方