鬼首菜(おにこうべな)

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鬼首菜[葉茎菜類]
おにこうべな

東北地方、宮城県の地域ブランド。
主に大崎市鳴子町鬼首地区でつくられている伝統野菜。自家消費用としての栽培が殆どで、市場に流通しない。辛味があるため、主として漬物として消費される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android