鬼首菜(おにこうべな)

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鬼首菜[葉茎菜類]
おにこうべな

東北地方、宮城県の地域ブランド。
主に大崎市鳴子町鬼首地区でつくられている伝統野菜。自家消費用としての栽培が殆どで、市場に流通しない。辛味があるため、主として漬物として消費される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android