コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼魳/鬼魣 オニカマス

デジタル大辞泉の解説

おに‐かます【鬼×魳/鬼×魣】

カマス科の海水魚。全長2メートルにもなり、口が大きく歯が鋭い。暖海に広く分布。熱帯産のものには体内にシガテラ毒をもつものがある。バラクーダ。どくかます。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おにかます【鬼魳】

スズキ目の海魚。カマス類中最大で、体長1.5メートル 以上に達する。口は大きく両顎に鋭い犬歯状の歯をもつ。南日本以南の熱帯域の内湾や珊瑚礁さんごしよう域に分布。大形のものは人を襲うことがある。食用とするが、中毒をおこすことがある。バラクーダ。ドクカマス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鬼魳 (オニカマス)

学名:Sphyraena barracuda
動物。カマス科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鬼魳/鬼魣の関連キーワードドクカマス食用海魚内湾

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android