魚問屋仕込制度(読み)うおどんやしこみせいど

世界大百科事典 第2版の解説

うおどんやしこみせいど【魚問屋仕込制度】

漁業生産に必要な資金の一部または大部分魚問屋が生産者に前貸し,そのかわり漁獲物の一部または全部を安く買い取る制度魚問屋仕入制度ともいう。漁業生産が発達して魚問屋が多くなった江戸時代中期から明治期において最も広くみられたが,この制度の下では漁業生産者は自己の生産物販売の自由を失い,また漁業生産の死命を制せられるような強い支配をうけ,それによって経営の剰余部分を手もとにほとんど残しえないほどの収奪をうけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android