コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚問屋仕込制度 うおどんやしこみせいど

1件 の用語解説(魚問屋仕込制度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うおどんやしこみせいど【魚問屋仕込制度】

漁業生産に必要な資金の一部または大部分を魚問屋が生産者に前貸し,そのかわり漁獲物の一部または全部を安く買い取る制度。魚問屋仕入制度ともいう。漁業生産が発達して魚問屋が多くなった江戸時代中期から明治期において最も広くみられたが,この制度の下では漁業生産者は自己の生産物販売の自由を失い,また漁業生産の死命を制せられるような強い支配をうけ,それによって経営の剰余部分を手もとにほとんど残しえないほどの収奪をうけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

魚問屋仕込制度の関連キーワード漁業協同組合漁業生産組合軍資金産業資金総合支援資金福祉資金鉱工業生産指数(Industrial produce index)漁業信用基金協会就農支援資金スーパーL資金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone