コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚問屋 うおどんや

1件 の用語解説(魚問屋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うおどんや【魚問屋】

魚問屋の発達はだいたい江戸時代以降のことであり,それも江戸初期においては,大坂・江戸の大都市城下町などの消費地問屋に限られていたとみられる。それらの都市の成立は魚介類に対する需要を増大させていったから,魚問屋やその集合体としての魚市場が生成してそれにこたえていくのは自然の勢いであろう。しかし当初は自然の勢いばかりではまにあわず,領主側で積極的に魚問屋を育成した場合が少なくなかった。江戸日本橋魚市場の開設が許されたのは慶長年間(1596‐1615)であるし,大坂はそれより早く豊臣秀吉の時代からの推移を経て雑喉場(ざこば)魚市場に定着するのは延宝年間(1673‐81)のことであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の魚問屋の言及

【納屋】より

…また都市でも屋外にある物置小屋をいった。(4)魚問屋,魚屋をいう。大津では水産物を扱う問屋をいい,鹿児島でも魚屋をさすところや魚市場をさすところがあった。…

※「魚問屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魚問屋の関連情報