魯智深(読み)ろちしん(英語表記)Lǔ Zhì shēn

世界大百科事典 第2版の解説

ろちしん【魯智深 Lǔ Zhì shēn】

中国の小説《水滸伝》の108人の頭目の一人。本名は魯達,智深は法名綽号(あだな)は花和尚。もと延安(陝西省)の軍人であったが,誤って人を殺し,罪を逃れるため五台山で出家し,のち梁山泊に加わる。方ほうろう征伐の際,方臘を生捕りにするが,帰途,杭州六和塔で運命を悟り座禅のまま入寂した。李逵(りき),武松とならぶ暴れ者で,その剛直な性格は,当時の下級軍人の一典型を示す。彼が登場する京劇の《野猪林》は今でもよく上演されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android