ほうろう(英語表記)porcelain enamel

翻訳|porcelain enamel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ほうろう
porcelain enamel

金属の上からガラス質の被膜をコーティングしたもので,金属の強さと,ガラスの耐食性,清潔さとをあわせそなえたもの。家庭用容器をはじめ調理台,洗濯機,冷蔵庫,あるいは化学工業用容器など用途は広い。基材の金属は鉄や鋼が大部分で,鉄器がほうろう製品を代表し,一般にほうろう鉄器といわれる。ほかに金,銀,銅や鋳鉄,アルミニウムなどが使われる。釉は,金属基材に直接密着する下掛けぐすり (コバルト,ニッケル,マンガン,モリブデンなどの酸化物) と,その上に施して装飾性と耐食性を与える上掛けぐすりから成り,さらに着色,色模様をつけるために色掛けぐすりをかける。こうした釉を,表面をきれいにした金属基材にかけ焼成する。焼成温度は,下掛けぐすり 870~920℃,上掛けぐすり 800~850℃程度である。耐食性を強化したほうろうに,耐酸ほうろう,グラスライニングなどがあり,耐熱性を特によくしたものに,耐熱ほうろうセラミックコーティングなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ほうろう
ほうろう / 琺瑯
porcelain enamel

鉄、銅、銀、アルミニウム、金などの金属の表面を薄くガラスで覆ったもの。高温でフリット(ガラス質粉末)を焼き付けてつくる。ほうろう鉄器がもっとも多く、古くからさびを防ぐ目的で生活用具に使われてきたが、現在では大型の浴槽、反応容器などにも使われ、またアルミニウムほうろうも用途を広げている。銅、銀、金は美術工芸品に利用され、勲章、七宝(しっぽう)などはその代表的な例である。
 ほうろうの起源は古く、出土品からみると紀元前4世紀にエジプトで金や銀に用いられ、また鉄ほうろうはヨーロッパで1800年には始まっている。このほか、鉄パイプの中でガラス管を加熱、軟化させて内面に融着したガラスライニングパイプや、フリットを焼き付けてからガラスセラミックス(結晶化ガラス)にして強度を高めたものなどがある。ともに化学工業方面に使われるが、後者はとくに強度の点で優れている。
 鉄ほうろうを例にとると、油などの除去を兼ねて加熱後、サンドブラストや酸洗いで表面を清浄にしてから下がけフリットのスリップ(鉱物粉末の濃厚な懸濁液)を吹き付け、乾燥して焼成し、同じ手順で上がけフリットをその上に焼き付けて完成する。スリップ中にはフリットの沈降を防ぐため少量の解膠(かいこう)剤を加える。ほうろうによっては1回の焼成で完成するものも開発されている。
 ほうろうはガラス質なので、水、薬品に強く耐熱性もあって衛生的にも優れているため、品質の向上とともにふたたび用途を広げている。しかし、機械的および熱的衝撃には弱いので注意を要する。[境野照雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ろう【培・部婁】

〘名〙 (「ほう」は「培」「部」の漢音) 小さな丘。また、小さな家。
※性霊集‐四(835頃)進雑文表「夫、尺水本無万里之鯤、培何有千丈之幹」 〔春秋左伝‐襄公二四年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほうろうの関連情報