コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮑棠 ほう とう

1件 の用語解説(鮑棠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮑棠 ほう-とう

1855-1905 清(しん)(中国)の料理人。
咸豊(かんぽう)5年広東省生まれ。明治2年来日。外国商社につとめたのち,32年中国人としてはじめて居留地外の横浜伊勢佐木町に中華料理店博雅亭を開業した。明治38年3月7日死去。51歳。跡をついだ4男鮑博公は大正初めに,グリンピースをのせた日本人好みのシューマイを開発し,「横浜の焼売」として名物となった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鮑棠の関連キーワードニコライ東欧演劇竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府ニコライ田中鶴吉村田清風イギリス映画

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone