コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮫島家高 さめしま いえたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮫島家高 さめしま-いえたか

?-? 鎌倉時代の武将。
建保(けんぽ)6年(1218)父鮫島宗家から薩摩(さつま)(鹿児島県)阿多郡北方の地頭職(しき)をつぐ。宝治(ほうじ)元年新田八幡宮領の年貢未納,神人(じにん)への不法行為などにより解任された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鮫島家高の関連キーワード鎌倉時代建保

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android