コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮫皮 サメガワ

世界大百科事典内の鮫皮の言及

【柄】より

…刀剣を握りつかむ部分。奈良時代の蕨手刀(わらびでのかたな)や平安時代の毛抜形太刀(けぬきがたのたち)など,一部には刀身と柄を共造りとしたものもあるが,一般には刀身の茎(なかご)を木で覆い,鮫皮(さめかわ)を着せ,革や組糸で柄巻(つかまき)を施したものが多い。古墳時代には頭を環頭,頭椎(かぶつち),圭頭(けいとう)にして金銅板で包んだ柄を見るが,奈良時代では正倉院のものに木地のままとしたのがある一方,金銀鈿荘唐大刀のように鮫皮を着せ,柄頭(つかがしら),縁金物(ふちかなもの),手抜緒(てぬきのお)を付けたのもあって,後世の儀仗用の飾大刀(かざりたち)の範となったものもすでに存在していた。…

【やすり(鑢)】より

…東大寺所蔵の,ヒノキ材の片面に細かい鉄鋸歯を斜めに多列植え込んだものは木やすりと推定されている。また現在の紙やすりにあたるものとしては,乾燥した鮫(魚)皮,木賊(とくさ),椋葉(むくのは)などが用いられ,また砂でこすって研削したと思われる。なお,紙やすりについては〈研磨布紙〉の項目を参照されたい。…

※「鮫皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鮫皮の関連キーワード鮫肌焼き・鮫肌焼打ち鮫・打ち鰄鮫皮漆塗細工稲葉通竜飾り目貫出し鮫俵目貫熊本県飾太刀鮫小紋俵鋲藍鮫魚袋白柄鮫鞘聖柄鮫鑢花鰄

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android