コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮮度保持フィルム せんどほじフィルムfreshness retaining film

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮮度保持フィルム
せんどほじフィルム
freshness retaining film

包装材料として,食品などの鮮度を保つため,特別の機能を付与された高分子フィルム。鮮度にかかわる各種要因のうち,酸素を遮断して包装するには,酸素透過度の低い,エチレンビニルアルコール共重合体,ポリ塩化ビニリデンなどのガスバリア性フィルムが使われる。好気性菌の繁殖,食品自体の酸化が抑えられ,従来よりおいしさを保った食品の流通が可能となる。また,ポリエチレンフィルムなどに無機物を練り込むタイプでは,練り込み剤として,青果物の成熟ホルモンであるエチレンガスを吸着する大谷石ゼオライト,クリストバライトなどが使われる。銀イオンなどでイオン交換し,抗菌性を付与したゼオライトも開発されている。水分にかかわるものとして,フィルム表面を界面活性剤で親水化し,包装品内の水分が吸着する際に均一な水膜を形成させ,水滴との接触による青果物の腐敗を防ぐ防曇フィルム,高吸水性樹脂を不織布とラミネートし,食品の水分を調節する吸水性シートなどもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

鮮度保持フィルム

 食品の鮮度保持の目的で使われるフィルム.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報