コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好気性菌

百科事典マイペディアの解説

好気性菌【こうきせいきん】

遊離酸素の存在下で生育する細菌。酸素がないと全く生育できないものを偏性好気性菌と呼ぶが,枯草菌,酢酸菌,結核菌はその代表例。病原細菌を含む多くの菌は,無気的状態でも増殖するが,しいて無気的状態をつくらない限り能率のよい有気的な呼吸によってエネルギーを得る通性嫌気(けんき)性菌である。
→関連項目ジフテリア菌脳脊髄膜炎菌百日咳菌ミトコンドリア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうきせいきん【好気性菌 aerobic bacteria】

空気中あるいは酸素の存在下で生育する細菌。嫌気性菌対語。好気性菌は,遊離酸素を利用し,基質を酸化することによって能率よくエネルギーを得ることができる。このようなエネルギー獲得の形式を酸素呼吸と呼び,細菌がもっているチトクロム酵素系の働きによっている。好気性菌のなかで,酸素がないとまったく生育できないものを偏性好気性菌と呼ぶ。また,酸素が必要であっても,空気中よりも低い濃度の酸素分圧下で最もよく生育する細菌を微好気性菌と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の好気性菌の言及

【細菌】より

…培養条件が整った場合,大腸菌など大多数の細菌の分裂の周期は20分であるが,細菌の増殖速度には,栄養分の有無のほか,酸素,温度,湿度,培地のpHや浸透圧などが関係する。 細菌は酸素に対する関係によって,酸素存在下のみで生育する(偏性)好気性菌,無酸素条件下のみで生育する(偏性)嫌気性菌,酸素の有無にかかわりなく生育できる通性嫌気性菌に分けられる。嫌気性菌は,エネルギーを発酵によって得,好気性菌は呼吸によって得ている。…

※「好気性菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

好気性菌の関連キーワードストレプトマイセス生物化学的処理法鮮度保持フィルムパイフェレラ地球生態系サイレージ給排水設備好気性細菌混合感染好気生物肺化膿症攪拌塩漬石炭

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android