鯨蠟(読み)げいろう(英語表記)spermaceti

翻訳|spermaceti

世界大百科事典 第2版の解説

げいろう【鯨蠟 spermaceti】

マッコウクジラなどのハ(歯)クジラ類の頭部の貯油組織から得た油を冷却し,マッコウ鯨油を分離後,析出した固形分。アルカリ液と混合,煮沸して精製すると雪白色無臭の蠟状の塊となる。融点40~50℃。主成分はパルミチン酸セチルエステルC15H31CO2C16H33で,ほかに少量の脂肪酸(ラウリン酸ミリスチン酸など)とアルコール(ステアリルアルコールなど)とのエステル,グリセリドを含む。軟膏や化粧クリームの硬度調整のための基剤などに用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android