コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰧・虎魚 おこぜ

大辞林 第三版の解説

おこぜ【鰧・虎魚】

カサゴ目の海魚のうちオコゼ類の総称。全長8~25センチメートル。ハオコゼ・ダルマオコゼなどがいる。特に食用となるオニオコゼをさすことが多い。いずれも頭部がでこぼこで醜く、背びれのとげに毒腺をもつものが多く、刺されると激しく痛む。山の神の供物にするなど、山の神と関係のある伝承が多い。本州中部以南の海底に分布。夏が旬しゆん[季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鰧・虎魚の関連キーワードオニオコゼ背びれ山の神とげ供物海魚毒腺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android