コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰧・虎魚 おこぜ

大辞林 第三版の解説

おこぜ【鰧・虎魚】

カサゴ目の海魚のうちオコゼ類の総称。全長8~25センチメートル。ハオコゼ・ダルマオコゼなどがいる。特に食用となるオニオコゼをさすことが多い。いずれも頭部がでこぼこで醜く、背びれのとげに毒腺をもつものが多く、刺されると激しく痛む。山の神の供物にするなど、山の神と関係のある伝承が多い。本州中部以南の海底に分布。夏が旬しゆん[季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android