オニオコゼ(英語表記)Inimicus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニオコゼ
Inimicus japonicus

カサゴ目フサカサゴ科の海水魚体長 20cm余。体の前方は縦扁し,後方は側扁する。体色沿岸性のものは黒褐色乳白色を帯び,深海性のものは赤色または黄色である。背鰭とげ毒腺があり,刺されると激痛に苦しむ。食用。本州中部から南シナ海北部に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オニオコゼ

オニオコゼ科の魚。一般にオコゼといえば本種をさす。全長25cmになる。背びれのとげは鋭く,毒腺があり,刺されるとひどく痛む。体に鱗がなく,皮膚は弾性に富む。本州中部〜東シナ海に分布し,海底にすむ。体色と斑紋の個体変異は著しく,黒,褐,乳白,赤,黄など。卵は分離浮性卵。冬が旬で刺身,吸物などにして賞味される。→おこぜ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オニオコゼ【Inimicus japonicus】

カサゴ目オニオコゼ科の海産魚イラスト)。単にオコゼと呼ばれることが多い。頭部背面の凹凸が激しく,鬼のような形相をするところから,オニオコゼの名がついたのであろう。本州中部から東シナ海にかけて分布するが,生息域は沿岸部から水深200m前後のやや深いところまで及ぶ。おもに砂泥質の海底にすみ,ときには砂に潜ることもある。体色は生息深度で異なり,沿岸性のものでは黒褐色か乳白色であるが,深海性では赤色または黄色を帯びる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニオコゼ
おにおこぜ / 鬼虎魚・鬼

硬骨魚綱カサゴ目に属する海水魚。単にオコゼともよばれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オニオコゼの関連情報