コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニオコゼ オニオコゼ Inimicus japonicus

4件 の用語解説(オニオコゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニオコゼ
オニオコゼ
Inimicus japonicus

カサゴ目フサカサゴ科の海水魚。体長 20cm余。体の前方は縦扁し,後方は側扁する。体色は沿岸性のものは黒褐色乳白色を帯び,深海性のものは赤色または黄色である。背鰭のとげに毒腺があり,刺されると激痛に苦しむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オニオコゼ

オニオコゼ科の魚。一般にオコゼといえば本種をさす。全長25cmになる。背びれのとげは鋭く,毒腺があり,刺されるとひどく痛む。体に鱗がなく,皮膚は弾性に富む。本州中部〜東シナ海に分布し,海底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オニオコゼ【Inimicus japonicus】

カサゴ目オニオコゼ科の海産魚(イラスト)。単にオコゼ呼ばれることが多い。頭部背面の凹凸が激しく,鬼のような形相をするところから,オニオコゼの名がついたのであろう。本州中部から東シナ海にかけて分布するが,生息域は沿岸部から水深200m前後のやや深いところまで及ぶ。おもに砂泥質の海底にすみ,ときには砂に潜ることもある。体色は生息深度で異なり,沿岸性のものでは黒褐色か乳白色であるが,深海性では赤色または黄色を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニオコゼ
おにおこぜ / 鬼虎魚・鬼

硬骨魚綱カサゴ目に属する海水魚。単にオコゼともよばれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オニオコゼの関連キーワードアコウダイカサゴキチジハオコゼ葉鰧鬼鰧達磨鰧オコゼカサゴ(笠子)ミノカサゴ(蓑笠子)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オニオコゼの関連情報