鰭脚(読み)ききゃく(英語表記)clasper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鰭脚
ききゃく
clasper

サメ類エイ類などの軟骨魚類 (板鰓類) において,雄の腹鰭内縁が変形して交尾器となったもの。内部は軟骨から成り,交尾時に雌の輸卵管内に挿入する。「ひれあし」とも読む。

鰭脚
ひれあし

鰭脚」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の鰭脚の言及

【交尾】より

… 体内受精を行い,卵胎生である軟骨魚類では肛門(総排出腔の外口)の両側に腹びれがあるが,雄ではその腹びれの内側縁の1本の鰭条(きじよう)が巨大化し,軟骨性の中軸を備えた左右1対の棒状体になっている。交尾するときこの棒状体を雌の総排出腔へ差しこむので,これを鰭脚(ひれあし)pterygopodiumまたは交尾器clasperという。この交尾器の表面には深い溝があり,総排出腔から出た精子がそれによって雌の子宮へ導かれる。…

※「鰭脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鰭脚の関連情報