コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰭脚 ききゃくclasper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鰭脚
ききゃく
clasper

サメ類エイ類などの軟骨魚類 (板鰓類) において,雄の腹鰭内縁が変形して交尾器となったもの。内部は軟骨から成り,交尾時に雌の輸卵管内に挿入する。「ひれあし」とも読む。

鰭脚
ひれあし

鰭脚」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の鰭脚の言及

【交尾】より

… 体内受精を行い,卵胎生である軟骨魚類では肛門(総排出腔の外口)の両側に腹びれがあるが,雄ではその腹びれの内側縁の1本の鰭条(きじよう)が巨大化し,軟骨性の中軸を備えた左右1対の棒状体になっている。交尾するときこの棒状体を雌の総排出腔へ差しこむので,これを鰭脚(ひれあし)pterygopodiumまたは交尾器clasperという。この交尾器の表面には深い溝があり,総排出腔から出た精子がそれによって雌の子宮へ導かれる。…

※「鰭脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鰭脚の関連キーワードハイイロアザラシ(灰色海豹)ワモンアザラシ(輪紋海豹)鰭脚類(ひれあしるい)鰭脚類(ききゃくるい)ゾウアザラシ(象海豹)オットセイ(膃肭臍)アシカ(海驢∥葦鹿)ミナミゾウアザラシウェッデルアザラシナンキョクアザラシタテゴトアザラシアザラシ(海豹)ハイイロアザラシトド(海馬∥魹)ミナミオットセイキタゾウアザラシカニクイアザラシクラカケアザラシアゴヒゲアザラシセイウチ(海象)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鰭脚の関連情報