コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ひれ fin

翻訳|fin

5件 の用語解説(鰭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ひれ
fin

魚類その他の水生脊椎動物の体表にある遊泳用,平衡用の構造で,概して扁平な形をしている。体の正中線上にあるものを正中鰭あるいは無対鰭と呼び,魚の背鰭,尾鰭,尻鰭などがこれに相当する。正中線をはずれて対をなして存在するものを有対鰭と呼び,胸鰭,腹鰭がこれである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はた【×鰭】

魚のひれ。
「鵜川(うかは)立ち取らさむ鮎(あゆ)のしが―は我にかき向け思ひし思はば」〈・四一九一〉

ひれ【×鰭】

魚類や水生哺乳類の遊泳のための器官。魚類では体の正中線上にあって対をなさない背びれ・しりびれ・尾びれと、体側にあって対をなす胸びれ・腹びれがある。
日本建築で、懸魚(げぎょ)・鬼板などの左右につけた装飾的な刳形(くりかた)。
冷却器などで、放熱のためにパイプの周囲などに取り付けた突出部。フィン。
からだが太って横幅の広いこと。また、その人。転じて、貫禄。
「夕霧も頃日(このごろ)は―がでえぶついたのう」〈洒・錦之裏

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はた【鰭】

魚のひれ。 「鵜川立ち取らさむ鮎のしが-は我にかき向け思ひし思はば/万葉集 4191

ひれ【鰭】

水生の脊椎動物の体壁から突出した扁平な器官。運動器官として水をかいたり、舵かじの役目をしたりする。魚類では体の正中線上に生ずる背びれ・尾びれ・尻びれと体の両側に対をなす胸びれ・腹びれなど。
身体が肥えて横幅の広いこと。また、その人。また、貫禄・羽振りの意。 「夕霧もこのごろは-がだいぶついたのう/洒落本・青楼昼之世界錦之裏」
本体に付け加えた部分。尾ひれ。 「はなしに-はなけれども/咄本・鯛の味噌津」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鰭の関連キーワード玉散るやまべ四界水de脱臭斜交層理シンプソン則(石油)水道町水落水出し/水出汁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鰭の関連情報