(読み)ひれ

精選版 日本国語大辞典「鰭」の解説

ひれ【鰭】

〘名〙
① 魚類・水生哺乳類の遊泳器官。平べったい板状または膜状のもの。魚類では体の中央線に沿ってあるものを奇鰭(きき)といい、その位置によって背びれ・臀(しり)びれ・尾びれがある。体側で左右対をなすものを偶鰭(ぐうき)といい、胸びれ・腹びれがある。これは高等動物の前肢・後肢に当たる。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 料理で、魚の①のすぐそばの肉。
※四条流庖丁書(1489)「御肴には斎太のひれを可用」
③ クジラのえら。〔和訓栞(1777‐1862)〕
④ ①のように、本体から左右に出っ張っている部分。また、本体に付属している部分。本体につけ加えた部分。おひれ。
※山槐記‐治承四年(1180)二月一日「尻皮、以熊皮鰭」
⑤ からだが太って横幅の広いこと。また、その人。転じて、羽振り・貫祿・おもみ。
※雑俳・田みの笠(1700)「観音も阿彌陀堂ではひれがない」
⑥ 日本建築で、懸魚(げぎょ)や鬼瓦などの左右につけた彫刻。普通は渦文・波文・唐草文などとする。〔紙上蜃気(1758)〕

はた【鰭】

〘名〙 魚のひれ。また、魚。《季・夏》
※万葉(8C後)一九・四一九一「鵜川立ち取らさむ鮎の其(し)が波多(ハタ)はわれにかき向け思ひし思はば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鰭」の解説

ひれ【×鰭】

魚類や水生哺乳類の遊泳のための器官。魚類では体の正中線上にあって対をなさない背びれ・しりびれ・尾びれと、体側にあって対をなす胸びれ・腹びれがある。
日本建築で、懸魚げぎょ・鬼板などの左右につけた装飾的な刳形くりかた
冷却器などで、放熱のためにパイプの周囲などに取り付けた突出部。フィン。
からだが太って横幅の広いこと。また、その人。転じて、貫禄。
夕霧頃日このごろは—がでえぶついたのう」〈洒・錦之裏

はた【×鰭】

魚のひれ。
鵜川うかは立ち取らさむあゆのしが—は我にかき向け思ひし思はば」〈・四一九一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鰭」の解説


ひれ
fin

魚類その他の水生脊椎動物の体表にある遊泳用,平衡用の構造で,概して扁平な形をしている。体の正中線上にあるものを正中鰭あるいは無対鰭と呼び,魚の背鰭尾鰭,尻鰭などがこれに相当する。正中線をはずれて対をなして存在するものを有対鰭と呼び,胸鰭腹鰭がこれである。鰭の支えとして魚では鰭条があるが,これをもたない脂鰭もみられる。鰭条は角質 (軟骨魚類,たとえばサメの鰭) または骨質であり,また分類の重要な指標となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android