コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひれfin

翻訳|fin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ひれ
fin

魚類その他の水生脊椎動物の体表にある遊泳用,平衡用の構造で,概して扁平な形をしている。体の正中線上にあるものを正中鰭あるいは無対鰭と呼び,魚の背鰭,尾鰭,尻鰭などがこれに相当する。正中線をはずれて対をなして存在するものを有対鰭と呼び,胸鰭,腹鰭がこれである。鰭の支えとして魚では鰭条があるが,これをもたない脂鰭もみられる。鰭条は角質 (軟骨魚類,たとえばサメの鰭) または骨質であり,また分類の重要な指標となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はた【×鰭】

魚のひれ。
「鵜川(うかは)立ち取らさむ鮎(あゆ)のしが―は我にかき向け思ひし思はば」〈・四一九一〉

ひれ【×鰭】

魚類や水生哺乳類の遊泳のための器官。魚類では体の正中線上にあって対をなさない背びれ・しりびれ・尾びれと、体側にあって対をなす胸びれ・腹びれがある。
日本建築で、懸魚(げぎょ)・鬼板などの左右につけた装飾的な刳形(くりかた)。
冷却器などで、放熱のためにパイプの周囲などに取り付けた突出部。フィン。
からだが太って横幅の広いこと。また、その人。転じて、貫禄。
「夕霧も頃日(このごろ)は―がでえぶついたのう」〈洒・錦之裏

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はた【鰭】

魚のひれ。 「鵜川立ち取らさむ鮎のしが-は我にかき向け思ひし思はば/万葉集 4191

ひれ【鰭】

水生の脊椎動物の体壁から突出した扁平な器官。運動器官として水をかいたり、舵かじの役目をしたりする。魚類では体の正中線上に生ずる背びれ・尾びれ・尻びれと体の両側に対をなす胸びれ・腹びれなど。
身体が肥えて横幅の広いこと。また、その人。また、貫禄・羽振りの意。 「夕霧もこのごろは-がだいぶついたのう/洒落本・青楼昼之世界錦之裏」
本体に付け加えた部分。尾ひれ。 「はなしに-はなけれども/咄本・鯛の味噌津」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鰭の関連情報