コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰹節虫 カツオブシムシ

デジタル大辞泉の解説

かつおぶし‐むし〔かつをぶし‐〕【×鰹節虫】

甲虫目カツオブシムシ科の昆虫総称体長1センチ以下。トビカツオブシムシ・ヒメマルカツオブシムシなどがあり、動物標本・毛製品・乾燥食品などを食害するものが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かつおぶしむし【鰹節虫】

カツオブシムシ科の甲虫の総称。体長5~10ミリメートル、幼虫は毛虫状。幼虫・成虫ともに鰹節など動物性乾燥食品や毛皮・毛織物を食害するものが多い。ヒメマルカツオブシムシ・ヒメカツオブシムシ・トビカツオブシムシなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鰹節虫 (カツオブシムシ)

動物。カツオブシムシ科に属する昆虫の総称

鰹節虫 (カツオブシムシ)

動物。ナガクチキムシ科の昆虫。カツオガタナガクチキムシの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鰹節虫の関連キーワード毛織物毛皮鰹節幼虫甲虫

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android