鱗模様(読み)うろこもよう

世界大百科事典 第2版の解説

うろこもよう【鱗模様】

二等辺三角形を一単位とする幾何学的な連続文様で,この単位を上下左右につないだもの。その形状が魚鱗を思わせるところから名づけられたものであろう。幾何学文様としては,三角形の単位を並列させた鋸歯文,斜めに並べた階段文も広くみられる。また半円形を魚鱗状に重ねる鱗文ギリシア,ローマ,西アジアで多く見られる。三角形の鱗文は,発生も古く,世界各地に分布している。トルキスタン,アナウ遺跡出土の彩陶(前4000ころ)や日本の古墳壁画にもみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android