鳥居峠(長野)(読み)とりいとうげ

百科事典マイペディア「鳥居峠(長野)」の解説

鳥居峠(長野)【とりいとうげ】

長野県木曾郡,木曾川と奈良井川の分水界をなす中山道奈良井〜藪原間の峠。標高1197m。峠に御嶽(おんたけ)山を拝する鳥居があった。9世紀の信濃と美濃の国境論争の頃には開削されていたとされ,中世には木曾氏が防衛線として重視した。江戸初期には中山道筋の峠道となり,茶屋が三軒並んでいた。現在の中山道は標高1111mの地をトンネルで通じる。
→関連項目木曾谷

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android