コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾谷 きそだに

3件 の用語解説(木曾谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曾谷
きそだに

長野県南西部から岐阜県南東部にまたがる,木曾川上流域の谷。歴史的には北方に鳥居峠を隔てて続く奈良井川の谷を含む。東には木曾山脈,西には飛騨山脈がそびえ,川に沿う狭い平地以外はすべて山腹傾斜地で,冬季は谷底の日照時間が短い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

木曾谷【きそだに】

長野県南西部,飛騨・木曾両山脈の間を流れる木曾川の谷。北の鳥居峠から南の馬籠(まごめ)峠まで長さ約65km。谷が迫り都市の発達はみられないが,中山道木曾街道)が通じ宿場町が発達した。
→関連項目空木岳木曾福島[町]駒ヶ岳(長野)長野[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きそだに【木曾谷】

長野県南西部にある木曾川上流の谷。地形的には鳥居峠以南~岐阜県境付近までの木曾川に沿う谷をさすが,歴史的には旧中山道の一部である木曾路の経路をさすことが多い。長さは約60kmに及ぶが,谷の南東には木曾山脈(中央アルプス),北西には飛驒山脈(北アルプス)や御嶽(おんたけ)山などがそびえてV字谷をなし,幅は大部分が数百mと狭い。国道19号線(中山道),JR中央本線などの交通路が貫通しており,木曾福島,上松(あげまつ)など主要集落は旧中山道時代の宿場町から発達したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone