コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾谷 きそだに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曾谷
きそだに

長野県南西部から岐阜県南東部にまたがる,木曾川上流域の谷。歴史的には北方に鳥居峠を隔てて続く奈良井川の谷を含む。東には木曾山脈,西には飛騨山脈がそびえ,川に沿う狭い平地以外はすべて山腹傾斜地で,冬季は谷底の日照時間が短い。全面積のほとんどは森林で,ヒノキ,サワラ,ネズコアスナロコウヤマキの,いわゆる木曾五木の美林がある。近世は中山道が通過し,木曾谷に 11の宿駅が設置され,木曽福島には福島関が設けられた。妻籠奈良井などには宿場景観がよく保存され,また交通の難所であった鳥居峠,木曾桟 (きそのかけはし) ,馬籠峠など歴史的景観も多い。南端には島崎藤村の小説『夜明け前』で知られる馬籠がある。寝覚ノ床などの峡谷美もあり,木曾駒高原や御岳高原は観光保養地化が進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

木曾谷【きそだに】

長野県南西部,飛騨・木曾両山脈の間を流れる木曾川の谷。北の鳥居峠から南の馬籠(まごめ)峠まで長さ約65km。谷が迫り都市の発達はみられないが,中山道木曾街道)が通じ宿場町が発達した。
→関連項目空木岳木曾福島[町]駒ヶ岳(長野)長野[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きそだに【木曾谷】

長野県南西部にある木曾川上流の谷。地形的には鳥居峠以南~岐阜県境付近までの木曾川に沿う谷をさすが,歴史的には旧中山道の一部である木曾路の経路をさすことが多い。長さは約60kmに及ぶが,谷の南東には木曾山脈(中央アルプス),北西には飛驒山脈(北アルプス)や御嶽(おんたけ)山などがそびえてV字谷をなし,幅は大部分が数百mと狭い。国道19号線(中山道),JR中央本線などの交通路が貫通しており,木曾福島,上松(あげまつ)など主要集落は旧中山道時代の宿場町から発達したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木曾谷の関連キーワード木曾街道六十九次鳥居峠(長野)木曾福島[町]駒ヶ岳(長野)南木曾[町]中津川[市]楢川[村]日本ライン山口[村]田立ノ滝園原旧富飛騨街道権兵衛峠南木曽町大平街道木祖村木曾節大桑村木曽町王滝川

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android