コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠春 とりい ただはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠春 とりい-ただはる

1624-1663 江戸時代前期の大名。
寛永元年生まれ。鳥居忠政(ただまさ)の3男。兄の出羽(でわ)山形藩主鳥居忠恒(ただつね)に嗣子がなく絶家となるところ,父祖の功により,忠春が寛永13年信濃(しなの)(長野県)高遠藩主鳥居家初代となる。3万200石。大坂城加番の際宿舎で医師松谷寿覚にさされ,寛文3年8月1日死去。40歳。初名は忠定(たださだ),忠豊(ただとよ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居忠春の関連キーワード鳥居忠則

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android